総量規制について

キャッシングを利用する時には、総量規制という法律がネックになってくる場合があるので、総量規制について簡単に説明をしていきます。

 

これは消費者金融や信販系キャッシングなどの貸金業者に対して定められた法律です。総量規制の内容は、細かいことはたくさんあるのですが、お金の貸借りでトラブルが起きないように、横暴な取引が行われないようにという目的で制定されたものです。金利の上限を定めていたり、貸し出す金額を制限したり、返済能力の有無しっかり確認するための手続きなどについても定めています。

 

消費者が守られるように作られた総量規制なのですが、これによってキャッシングしずらくなってしまったという人もいます。総量規制によってキャッシングが厳しくなってしまったのは、収入のない専業主婦のような人達です

 

本人に全く収入のない人が消費者金融から借り入れをする場合には、配偶者の同意書、配偶者であるということが証明できるような書類等の提出が必要になってしまいました。これによって、専業主婦が旦那様に内緒でキャッシングをすることができなくなってしまったのです。

 

消費者金融側としても、手続きが複雑な上に旨味がないということで、専業主婦に貸し出しをすることを渋るようになっているのです。専業主婦は消費者金融野キャッシングが不可能・・・ということではありません。一部の消費者金融やレディースキャッシングなどでキャッシングができます。

 

ただ、総量規制のあおりを受けてしまう専業主婦の方であれば、もっと気軽に借り入れできるところがあります。それが銀行系のキャッシングです。銀行系は総量規制の対象外になっているので、いろんな手続きやしばりも少なく、特に専業主婦からの人気を集めています。

 

専業主婦の方は、借り入れできる金額の制限が設けられている場合が多いのですが、配偶者の方の同意書などの書類の提出の必要がないために、ご主人様に内緒でキャッシングが可能というメリットがあります。