在籍確認・本人確認について

キャッシングを利用する際には、必ず審査があります。
大抵の場合キャッシングでお金を借り入れる時には、担保の必要もなく保証人も不必要で利用できます。つまり、キャッシング会社は、信用によってお金を貸し出してくれます。そのために、お金を貸した場合にちきんと返済ができる人であるのかどうかを確かめるために、審査というものを行います。

 

審査基準や項目などは会社によって異なり公表もされていないのですが、一般的には勤続状況、住居の環境、他からの借り入れ状況などが審査の対象とされています。毎月きちんと給料があるのかどうかが焦点になっています。パートやアルバイトであっても、毎月給料を受け取っているのであれば、ある程度の返済能力があるとみなされるので、キャッシングが利用できます。

 

キャッシングの申し込みでは、名前や住所などの基本情報の他に、勤務先や年収などの記入も必要になります。そして審査では、ウソの記載がないかどうかを確かめるために、勤務先に連絡をしてちゃんと会社に在籍をしているのかどうかを確かめる作業が行われます。本当は収入がないのに、大手企業の名前を記入すれば審査に通ってお金を借り入れられるだろう・・・などとずるい考えの人もいたりするために在籍確認が欠かせないのです。

 

ただ会社に借金をすることがバレてしまうのは、とても気まずいことですよね。でも安心してください。キャッシング会社が在籍確認をしても、絶対に会社に気づかれてしまうことはありません

 

だいたいの場合は、キャッシング会社が個人名で会社に連絡をして在籍確認をするために、会社側にバレてしまうことはありません。もしそれでも気になるようでしたら、事前に伝えておくとより慎重に行ってくれるはずです。

 

また、審査と同じくらい重要なのが本人確認作業です。審査に通り本契約に進んだ時に必要になります。通常、運転免許証や保険証やパスポートなどの身分証明書のいずれか1つを提出することで本人確認が行われます。キャッシングを利用する際には、手元に用意をしておきましょう。